娘の卒園式で泣く日が来るなんて

    娘の卒園式で泣く日が来るなんて

    娘を産んでから今まで知らなかった楽しいこともたくさんあったけど小さな罪悪感がいつもあった。   生まれる前は「あんなことしてあげよう、こんな所連れて行ってあげよう」と思ってたのに。 子育てをしつつも仕事をしたくなることへの罪悪感。誰にも言われてないのに、子供より仕事の方が大事なのかと言われて...

    もっと読む
    いわゆる適齢期なんてもうないのかも
    日々のこと

    いわゆる適齢期なんてもうないのかも

      50代で初めて結婚したくなる人に出会うかもしれないし   周りに言われたから愛はあんまりないけど結婚する人もいるかもしれないし 結婚しなくても強い結びつきの事実婚の人もいるかもしれないし   私も今結婚してるけど、80代で3回目の結婚してるかもしれない。  

    もっと読む
    保育園落ちた
    日々のこと

    保育園落ちた

    私は仕事が好きだ。今まで起きてる時間のほとんどは仕事に捧げてきた。 できることならもっと働きたい。 けど娘と過ごしたいっていう気持ちも本当。小さい間は一緒にいたい。 来年4月からの保育園は希望の園は空きがなく、また一年娘は自宅保育ということになった。子供産む前は子供の面倒見ながら仕事しようと...

    もっと読む
    幻のりぼん1995年2月号を手に入れた

    幻のりぼん1995年2月号を手に入れた

    1987年生まれの私が小学生だった頃。 1990年代後半のりぼんは黄金期でした。 ママレードボーイ、こどものおもちゃ、ご近所物語、グッドモーニングコール、ベイビィ★LOVE、神風怪盗ジャンヌ、赤ずきんチャチャ、ちびまる子ちゃん… この号、実はちびまる子ちゃんの中で唯一コミックス未収録回が載っ...

    もっと読む
    自分の娘に生まれ変わりたい

    自分の娘に生まれ変わりたい

    「娘に生まれたい。彼女が羨ましい」   普段から人のことは特に気にならないし、あんまり羨ましいと思うことはないんですが自分の娘が本当に羨ましい。 彼女になりたい。

    もっと読む
    白玉だんごはいいから、育休中に夫が家事の即戦力となる勉強を家庭科ですべきじゃないの?問題
    日々のこと

    白玉だんごはいいから、育休中に夫が家事の即戦力となる勉強を家庭科ですべきじゃないの?問題

    久しぶりに会った同い年の友人が言う。 「来年位に子供が欲しくて」 「旦那もせめて出産から1年と言わず3ヶ月でも育休強制にしてほしいよ」 分かる。 産後1ヶ月、女性は極力動いてはいけないのに新生児が泣くたびにおむつか授乳かとやっていたら10分も中々まとめて寝られない日が続いて、羽のように軽い娘が...

    もっと読む
    好きなこと仕事にすると嫌いになった時辛いぞという呪い
    日々のこと

    好きなこと仕事にすると嫌いになった時辛いぞという呪い

       美容業に就くと決めた14歳の頃から幾度も言われてきたこの言葉。 親はもちろん、学校の先生にも塾の先生にも親戚にも大人という大人に何度も何度も言われた。 「好きなこと仕事にすると嫌いになった時辛いぞ」 「好きなことなら絶対私は頑張れる」と言うと 「社会に出たこともない癖に何がわかるんだ」と...

    もっと読む
    子供が育つという事は自分の親が老いる事

    子供が育つという事は自分の親が老いる事

    もう1つ、妊娠がわかった瞬間に怖くなったことがあります。それは自分の両親が、親ではなく「祖父母ステージ」に行ってしまうということ。 私にとってのおじいちゃんは、お腹の中にいるこの子からすると私の父なのか…。 この子からしたら私と両親の思い出なんて知らなくて、おじいちゃんは元からおじいちゃんっ...

    もっと読む
    女に生まれたけど母になるのが怖い

    女に生まれたけど母になるのが怖い

    母性が少ないんだろうな。 「早く結婚したい、子供を育てたい」という友人と「こんな仕事を今しようとしてて!こんなのを取り寄せて勉強してるんだ!」と嬉々として語る自分。 「うちのワンちゃんが」「プードル飼いたい!」と語る母や女の子たちの台詞が宇宙人の言葉並に何を言ってるか分からなかった。

    もっと読む
    命が宿ったのに死を覚悟した日。

    命が宿ったのに死を覚悟した日。

    妊娠出産、というものがずっと恐ろしかった。 アクセサリーを作って販売しているのに今まで一度もピアスを開けたことがないのは痛みに極端に弱いからだ。   いつかは出産するんだろうな、子供産むんだろうなと思っていたけど25を超えても何だか小学生の時に思っていたいつかという感覚のままだった。

    もっと読む
    最後のネイル
    日々のこと

    最後のネイル

    今日は長いお付き合いのお客様にネイルをさせて頂く最後の日でした。   彼女は私がネイリストになってからほぼずっとさせて頂いていたので気がつけば10年近いお付き合いになります。今はアクセサリー作ったり絵を描いたり色んな仕事をしていますが、私がまず最初になった職業はネイリストです。

    もっと読む