女に生まれたけど母になるのが怖い

ここで2人でねえ、暮らしてさ、時間自由に使って家計にもゆとりあって。僕はこの生活気に入ってるし、結夏もそうでしょ? マチルダとはっさくもそう。きっとこの生活を楽しんでると思う。 子供がいるとそうはいかないよ?赤ちゃん革命が 起きますよ?お金掛かるし、部屋そこら中汚くするし、子供っぽいし、生活感出るし、僕らのしたいことなんかできなくなる。もう、全部子供中心になるよ。もう盆栽置けなくなるんですよ。 家にある本、全部『たまごクラブ』『こっこクラブ』『ひよこクラブ』に変わるんですよ。 落ち着いたら婚姻届出す約束したよね?新婚だよ? 新婚さん始まろうとしてるんだよ?行くならまず「IKEA」でしょ。「IKEA」行ってソファ買おうよ。カフェ風のやつ。テーブルもカーテンも替えて。あっ「光生&結夏」。こういう表札掛けようよ。週一で外食年一で旅行行ってさ。恋人同士みたいな夫婦でいいじゃない
考えてみて。今年生まれた子供が二十歳になるころ、日本の借金は1800兆円ぐらいになりますよ。 大借金をうちの子たちが背負うんですよ。大借金の上に大就職難ですよ。ブラック企業どころじゃないよ。ブラックホール企業に就職することになりますよ。天文学的な残業時間ですよ。うちの子、ボロボロになりますよ。吸い込まれますよ。そこに送り出していいものなの?

私の大好きなドラマ、「最高の離婚」で瑛太演じる濱崎光生の台詞。

 

妻から子供が欲しいと言われながらも中々気持ちが追いつかない光生。

 

 

昔、ほぼ同じ台詞を友人に言ったら「そこまで考えて子供作る人いないよー!考えすぎ!」と一蹴された。

皆そんな考えずに子供産めるの…?あの痛みに耐えられるの?
生まれた瞬間そんなこと吹き飛ぶくらい可愛いよ、って言うけど子供産むと同時に私死んでるかもしれないじゃん…。

本当に幸せな人生にしてあげられるんだろうかとずっと心の中でつかえていたのでこの台詞を聞いた時は思わず泣いてしまった。

 

対する妻、結夏のセリフはこうだ。

そんな雑誌に載ってるみたいな生活いらないの。 そのソファでいいの。子供がこぼしたジュースの染みがあっていいの。テーブルなんか落書きだらけでいいの。私はそれをガミガミ怒りたいの。恋人同士みたいな夫婦じゃなくていいの。「お父さん、お母さん」って呼び合うのがいいの。 何?恋人同士みたいな夫婦って。私たちもう31だよ?何?生活感いらないって。生活することが大人になることでしょ? 言うの3回目だけど私は子供が欲しいの。あなたと私の子供が欲しいの。分かる?女が男の人に思う気持ちにそれ以上はないの。そのためにあなたと結婚したの!

 

 

逆にこのセリフを聞いた時驚いた。
女が〜とくくられたセリフをTwitterなどでは当時分かる、これはつらいなと共感されていたが私にはあまりピンとこないどころではなくそんな考えがあるんだと驚いた。

家中が子供っぽいデザインに侵略されるとか考えただけで頭痛が…。と本気で思っていた。

 

可愛いもの、美しいものを生み出すことを仕事にしているけれど、こういうのを見る度に自分はやはり男っぽいんだろうなぁと思う。

昭和の時代に男だったら間違いなく家庭より仕事タイプだっただろう。

 

あまり性差で語ってはいけないかもしれないけど、好きなことや行動が男っぽいなぁと度々感じる。

 

私は何故かはわからないけど幼い頃から動物が怖い。
写真で見る分には可愛い。保存して家族に見せちゃうくらい可愛いと思ってる。

だけど舐められるのは絶対無理、だっこも怖くてできない。触ったらあたたかい、という時点で何故か怖い。

え、犬ってトイレするために散歩してるの…?という事さえ20代半ばまで知らなかった。

 

自分より小さい生き物のお世話をした事もしたいと思った事もなかった。

ましてやうんちなんて…
鼻水詰まったら吸うって何!?

 

出来るんだろうか。

ペットと一緒にしてはいけないけど、それですら人並にしたことないわたしが仕事やめて、オムツ変えて…想像できない!

産みましたができませんでは困る。

 

虐待するタイプではないと思う。
慎重に慎重に考えすぎてるタイプ。

この間Newspicksの記事でディズニーが好きな人は母性が強い傾向があるというのを読んだが、我が家では毎年行きたがる夫に私が渋々付き合うという世間とは真逆の2人だった。

 

母性が少ないんだろうな。

「早く結婚したい、子供を育てたい」という友人と「こんな仕事を今しようとしてて!こんなのを取り寄せて勉強してるんだ!」と嬉々として語る自分。

「うちのワンちゃんが」「プードル飼いたい!」と語る母や女の子たちの台詞が宇宙人の言葉並に何を言ってるか分からなかった。

 

幼い頃から何と無く感じてた違和感が、母になるということをどんどん恐ろしいものに凝り固めていった。

実際産んだらうんちなんて言ってる間も無くさっと変えるのに慣れてしまった。

鼻水やよだれもただの水分としか感じないし、赤ちゃんに指をはむはむされるのはとっても可愛く幸せな気分になる事も知った。

 

ただそれを知るのに産むというのはハードルが高すぎる。

「大丈夫、皆産んだら母性が出るよ」という人もいたけど出なかったらどうするの?

皆が可愛いという動物を怖いと思う自分でも大丈夫なの?

 

じゃ産むなよと思う方もいるかもしれないが、夫に似た子を見てみたいという欲求はあった。

それには私が母になる+仕事をセーブor辞める+死ぬほどの痛みが必須セットか…。

 

初潮が来てから閉経まで約45年×12カ月の500回近く(内20年から30年は出産関係ない時期なのに)生理痛に苦しむ。

生理痛の重さは個人差あれど「月一度の生理が来てくれるとほんと快適!スッキリした!」という人は見たことがない。

 

PMSといって月経前は食欲過多になったり情緒不安定になったり、生理の1週間以外にも月のバイオリズムだとかホルモンに女性は振り回される。

 

この500回近くの生理か、出産での死ぬほど痛みかどちらかを男性と選ばせて欲しい。

 

どちらの痛みも女性で、産前産後も働いてね!できたら子供をたくさん産んでしばらくしたらフルタイム!

子育ても介護も仕事も血を出しつつも頑張ろう!
一億総活躍社会!!!ってか!!!!

 

 

これで男性に「働きたいのはお前の意思なんだから家事も子育てもちゃんとしろよ」と言われたらブチギレだ。(この台詞周りで本当に結構聞く)

 

 

「長女は私が産んだから次はあなたが産んでよ。有給まだ残ってるでしょ?産んだら2カ月は私も育休取って子育て一緒にするからさ!」

 

なんて言葉が普通にならない限り本当の意味で男女平等参画社会なんてありえない。

 

だって大学出ても、キャリアを積み上げても10年前後で女は休むか辞めるか新しい道を探すことになってしまう。

 

こんなこと誰も考えないのかな。

私がちょっと変なのかな。

SNSや本を見ても皆妊娠が分かると幸せいっぱいで戸惑いとか私が感じるような不安は抱えてなさそうで、更に自分が母になってもいいものかと思えた。

子供は欲しい
でもちゃんと親になれるか不安
鼻からスイカって本当?

本当にこのお腹、膨らんでくの?

 

似た気持ちの人がいれば、こんな女もいるよという意味を込めて実社会では言えなかった気持ちを吐き出してみました。

コメントを残す