「ご試着もできますので」って必要なのか?

百貨店に行くといつも目立つ場所にあるアクセサリーのポップアップイベント。

立ち寄った時はどういうブランドさんが出展されてるのかざっとくまなく見ます。

 

ただ滞在時間は短いです。

店員さんと話し込むことは皆無だし、話たいなと思うこともなくてこれはなぜなんだろうと考えました。

 

私は自分が店員さんの時はお客様とずっと話してるし、カフェで友達のように話し込んだり笑ったりしてるんですが自分がお客として行く時はなぜか全く喋りません。喋りたいなー、聞きたいなーと思うこともあったかな・・・?全く思い出せない。

皆さんはどうですか?

 

服屋さんで洋服を見る時、たださっと見てるだけの時も何か買う気満々の時も

「よろしければご試着できますのでー」と言われると何だかお店から出たくなってしまう。

ロックオンされたような気持ちになるからなのかな。

 

じっくり見たいなと思ってもこのセリフを言われるとお客さんと認識されちゃったからある程度見たらもう出ようと心を閉じてしまう。

 

「当店はご試着不可ですのでー」なら「あっぶね、試着する前に聞いててよかった」と思うけどよく聞くあのセリフを言われて購入意欲が増すことはないように思う。

 

日本特有の「いらっしゃいませぇ〜」を言われても「このお店丁寧でいいなあ」と思ったことがない。

 

皆がしてるから続いてることで、どんどん変な方向に丁寧さを出してるだけで本当の意味でお客様が大事にされてる気分にはなっていただけないのではないか。なんか印鑑みたいだなと、お店を出て歩きながらひたすら考えていた。

 

「こちらお色違いもありますよ」

「イヤリングに変更可能ですよ」

「私も同じも持ってるんですよー」

 

これらの全ては一見お客様のことを思っているようでそうじゃない感じがするから苦手なんだろうか。

 

私はポップアップでも展示会でも(何ならオンラインショップでも)買ってもらわないと!とか売り上げノルマを考えたことがない。

私が作りたいものを誰かが見て「欲しい!」と思ってくれるならこんな嬉しいことはないけれど、別に欲しいと思ってない人に一つでも多く売りたいなんて思ってない。

 

なら別に定型文でお客様に話しかける必要なんて全くないな。

 

 

正直ポップアップに初めて行くのってすごく勇気がいる人が多いと思う。

何か買わないといけないんじゃないか、話しかけられそう、離れたところからまずどんな感じか確認したいな…。などきっと色んなことを考えられてると思うのでこちらのスタンスを理解してもらったり出来る限りお客様がストレスや不安を感じないシステム作りが必要なように思う。

 

ポップアップはもちろん実物を見てみたいと思う方へのイベントという位置づけではあるけれど、私にとっては同じキラキラが好きな人にずらりと並べてキャッキャ楽しみたい気持ちが強くて、あとはいつも買ってくださってる方への感謝祭。

 

それからネット上で文字でずっとコミュニケーション取ってた人に直接お礼が言えるオフ会かな。

 

私のポップアップに来られた方は最初こそ「どんな感じか緊張してて…」とかおっしゃってるけど最終的に2時間くらい弾丸トークして帰られる方がほとんど。

 

でもきっと話すのが苦手な人もいる。

ポップアップで話したいと思ってくる人と、話しかけられたくないと思う人。

 

このいろんなタイプの人にストレスを感じさせないために

 

 

話しかけられずに自分のペースで見たい方にはそれが分かるクリップ。
話したい人はそれが私が分かって話しかけに行ける(もしも人数が多ければ番号札も兼ねたような)クリップを置いておくのはどうだろう。

 

話しかけられたくないクリップを手にされた方を見て 私側が嫌な気持ちになることなんて全くありません。(むしろ嫌な思いさせなくてよかったと思う。ゆっくり見てくれよなの気持ち)

 

あまり目立たずにバッグにサッとつけられるくらいの可愛いイラストのクリップどうかな。

 

その中で話したいなと思うことがあればそのクリップ外してもらえばいいし。

 

逆に「話したかったのに他の人と盛り上がってるなー。電車の時間もあるからもう帰ろうかな」とせっかくきて下さった方に思われないように後どれくらいと分かるようにできたらなと思います。

 

コロナ対策も兼ねつつ、お客様のストレスや不安を消すためのアイデアを後いくつか考えてるのでよければまた皆さんのご意見を聞かせてもらえたら嬉しいです。

 

やっぱり自分が不便に感じたりすることって真剣に解決方法を色々考えるから大事だな。

 

 

一応ですが、勿論今働いてらっしゃる店員さんについてどうこう書いたわけではではありません。働いてらっしゃるお店の規則や方向性もあると思います。(むしろコロナの時も店頭に立ってくださり本当にありがとうございます)

 

大きいカテゴリでいうと同じアクセサリーショップに見えるだろうけど、私がやるポップアップは売りたいというのともまた違うからどっちがいいとか悪いとかでなくそもそも別カテゴリなんだなと。

 

お客様のストレスが減らせるなら前例があまりなくても思いついたことはどんどんやりたい気持ち。反対する人がいるわけでもないし、色々試してどんどんベストを見つけていきたい。

 

私は自分がお客様の時は話しかけられてもぺこっと会釈して愛想笑いでしか返せなくて、そそくさと出たら出たで店員さんに申し訳なくて、なんか回避する方法ないかなとずっと考えてて。

 

ポップアップでは売るというより見たり楽しんでもらいたいのに、「話しかけられたから何か買わないとまずいのかな…」とか絶対思って欲しくないんだよなぁ…。

 

 

댓글 남기기